競技力向上支援 動作分析

動作分析

動作分析(動作解析)は、ヒトの動作を様々な専門機器を用いて測定し、ヒトの眼では見えにくい特徴をデータで明らかにします。
競技スポーツ中における動作の技術分析はもちろん、歩行やジョギング等の健康運動指導に結びつく分析も行います。
大学等の研究や企業等の開発を目的とした利用も「研究開発向け動作測定」として承ります。

利用対象者

個人・団体問わず、どなたでも利用可能です。
測定できる人数は、与えられている時間や分析する内容、使用する機器によって異なります。詳しくは動作分析担当にご相談ください。センター内だけでなく、体育館やグラウンド等の現場に出張して測定することも可能です。現場等での出張測定をご希望の場合は、旅費等の交通費をご負担いただきます。

利用日

利用日は主に水曜日としていますが、他の曜日についても調整可能です。動作分析担当にご相談ください。
利用内容は、利用者側の目的によって次の2つがあり、利用料金も異なります。

1. 通常の動作分析
分析される利用者本人が競技力向上や健康増進を目的とする場合は、これに該当します。分析内容はご希望にもできるだけ対応いたしますが、原則当方が一任します。
2. 研究開発向け動作測定
大学等での研究や企業等の製品開発を目的とする場合は、これに該当します。ご希望される分析内容が高度かつ多量になる場合もこれに該当します。

現場等での出張測定をご希望の場合は、当方の出張に係る旅費を別途ご負担いただきます。その際には旅費の概算見積書を事前に送付いたしますので、承認を得る際にご利用ください。

料金案内はこちら

分析機器

主に次の機器を用います。

機器 内容
高速度ビデオカメラ 250~500毎秒のスローモーション映像を撮影します。
床反力計 バランスや蹴り・踏込み力を計測します。
モーションキャプチャーシステム 100~500毎秒で3次元動作を撮影します。
レーダースピードガン 球速などを計測します。
デジタルビデオカメラ 複数台を用いて試合時の動作を多角的に撮影します。

料金案内はこちら

分析例

    映像例

  • センター内での投球(ピッチング)動作分析
  •  

  • 屋外での投球(ピッチング)動作撮影
  •  

  • 屋外での打撃(バッティング)動作撮影
  •  

  • 変形性膝関節症の予防のための歩行分析
  •  

    報告例

  • 野球・ソフトボールの分析例
  • その他の競技スポーツの分析例
  • 診療や健康運動指導、研究等の分析例

測定の流れ

申し込みから測定までの流れは以下となります。

申請書類ダウンロード 各種書類のダウンロードはこちらから

お問い合わせ 025-287-8806 受付時間 9:00~17:00メールでのお問い合わせ

施設料金案内

デンカビッグスワンスタジアム